05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

院長の独り言

まあ気軽に読んでって。

夏!!! 

2009年8月2日 日曜日 朝は曇り空。
海水浴場を目の前にして
行こうかやめようか迷ったけど
行って正解。
曇り空が少しずつ晴天へ。
夏!!!
多賀の浜海水浴場 サンダル

多賀の浜海水浴場 青

多賀の浜海水浴場 親子

夜は淡路島祭りの花火大会
大浜海水浴場へ
-- 続きを読む --

Posted on 2009/08/03 Mon. 21:31 [edit]

category: 季節

TB: 0    CM: 1

03

梅雨の過ごし方 身体編 

「あ?だるいな?、よっこらしょっと」
「あ?あしんど、何もする気おこらへん」
「首が何となくだるいな?」

梅雨によく聞く言葉です。
なぜこのような言葉が出てくるのでしょうか。
梅雨は低気圧が雨を降らします、その為に湿度が高い状態が続きます。
その環境に身体が耐えられなくなったときにそのような言葉が聞かれるようになります。
ではどういう事が身体で起こっているんでしょうか。

交通事故などで首を損傷した人が良く口にする言葉として
「明日、雨ちゃうか?、首コッてきたさかいな(関西弁?)」
というのを聞いたことありませんか?
良く当たると評判なのですが、(最近の気象庁のスーパーコンピューターよりいいかも:笑)これは身体の異常を感じてそういっているのです。
身体の中で気圧変化と湿度に敏感な組織があります。
それは靱帯(じんたい)です。
足首を捻って痛い!という時がありますよね、その時痛めるのが靱帯です。
靱帯はその組織の水分量が一定量を超えると伸びにくくなるという性質を持ってます。
何となく水分が多い方が伸びるような感じもしますけどね。
その靱帯の水分量が増えるというのはどういうときでしょうか。
-- 続きを読む --

Posted on 2009/06/29 Mon. 11:21 [edit]

category: 季節

TB: 0    CM: 2

29