09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

院長の独り言

まあ気軽に読んでって。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

意外と知られていない歯の噛み合わせのコト! 

最近噛み合わせのチェックで気になることがあります。
それは2つ。
一つは食事時に横を向いて噛んでいる人が多いと言うこと。
もう一つは、小児の歯列矯正が増えているということ。

食事時に横を向くと顎が引っ張られるのと同時に片咬みになりやすく、そういった状態を続けていると顎がずれる事があります。
下記の図のように、顎の開閉は首にあるので顎の片側に力がかかるとそちらの首がずれてしまいます。
テレビなどを見ながら食事をする方も多いと思いますができるだけ見ない、または横を見ずに噛んで下さいね。
片咬みも良くありません。虫歯などで片側だけ噛んでいる人は早めに虫歯を治して両方で噛めるよう治療をして下さい。

先ほども書いたように、顎の開閉の軸は顎関節ではなく、首にあります。その為、下顎がずれてくるとその軸である首の位置が狂い、身体のバランスが崩れ全身に様々な症状を発することがあります。
頭部や首以外の症状でも、噛み合わせが原因となって全身に症状が症状が発生することがあります。
ですから治療では顎関節の異常をチェックすることが必要となります。

gakukannsetsu

画像の赤い印の所あたりに下顎の開閉の軸があります。
☆頚椎の2.3番の間あたり(3.28追加)

次に小児の歯列矯正です。
最近ははやりのように歯列矯正をする方が増えてきました。
なぜこのような事が起こりだしたのでしょうか。

-- 続きを読む --
スポンサーサイト

Posted on 2011/03/16 Wed. 17:45 [edit]

category: 歯の噛み合わせ

TB: 0    CM: 0

16

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。