07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

院長の独り言

まあ気軽に読んでって。

子供達の不快な症状 

最近、急増えているにに小児の鼻水・咳・くしゃみ・熱といった気管系の症状があります。
これは病院だけでなく私のオフィスでもかなりの増加をしているんです。
最近気管系の症状が増えた要因の一つに乳幼児の時の温度管理に問題があるように思われます。
近年、エアコンなど温度調節ができる器具が発達してきて真夏や真冬でも快適に過ごすことができるようになりました。
真夏の40度近い気温でもエアコンで汗もかかないくらいに涼しく、また雪が舞い北風が強い氷点下の日でもTシャツ一枚で過ごすことができるようになりました。

ところが私たち日本人の身体は季節の変化に応じてそれぞれ対応して身体が作られていきます。
暑い夏は汗をかくことにより、その汗が蒸発する気化熱で体温を下げ適正体温に調整しています。
また気温が低いのを関知すると汗腺は閉じ身体内部で熱を逃がさないように対応していきます。
ぶるぶると震えるのも体温が低下しない様にするための防衛本能の一つです。
それぞれの季節に応じた刺激が皮膚を通して脳に伝えられることによって身体は正常な対応ができるようになるのですが、夏に涼しく冬に暖かいと正常な対応ができなくなります。
それが様々な気管系の症状を引き起こすのです。
皮膚と気管系は大きな関連があります。
「肺は皮毛を司る」
とあります。
つまり、「肺は皮膚と毛に関連しているよ」ということです。
逆の事も言えます。
「皮膚と毛は肺に関連しているよ」
つまり、季節ごとの正しい温度刺激が皮膚に入らないと肺(気管系)に関連する鼻や喉や皮膚の異常を引き起こし、温度変化に対応できなくなるということを示しています。
これは大変重要なことです。
また、東洋医学では肺と大腸は表裏の関係、つまり連動していると考えられています。
風邪をひいたときに下痢をしたりするのはこの事です。

人間は本来自然界の中で生活する動物です。自然の法則の中で生きていかなければなりません。
自然の法則からはずれた生活は身体に色んな症状を引き起こします。
症状は私たちに今の生活が合っていない事を知らせてくれる信号なのです。
症状が出て苦しんでいる子供達に正しい診断と投薬は必要です、悪化して生命の危険にさらされることもあるからです。
でも、それだけでは何ら根本解決にはなりません、本当の原因が何であるかが重要なのです。
夏涼しく冬に暖かい。
これらの自然の法則に逆らった生活は身体の調節機能を狂わせ、結果、気管などの機能低下を引き起こし、つらい症状を発生させます。
今起きている症状に対してだけ対応していませんか?
薬で鼻水や咳が止まった! のは治ったのではないですよ。

冬は部屋の中でも少し寒さを感じるくらいに、暖房器具は20℃までにしておいた方がいいと思います。
温度は服で調節してください、でも着せすぎはまたよくありません。
夏は少し汗が感じられるくらいの温度がいいと思います。
夏に汗をかかないと汗腺の働きが悪くなり、温度調節がうまくできなくなります。

今世界で猛威をふるっている新型インフルエンザなど、ウイルスに感染するかどうかはその人の免疫力かかっています。
免疫力をアップするにはまず基本的な生活週間を見直すことからはじめないと、対処療法ばかりでは最後には取り返しのつかないことが起こるかも知れません。
最近、ウイルス感染や気管系のトラブルで来院される子供さん達が増えているように、免疫系の低下が顕著に現れています。
季節に応じた環境を整えること、季節に応じた食生活をすることが免疫力をアップさせるのです。
低体温の子供達が増えていますね、明らかに免疫力が低下しています。
この子供達の将来を考えるとぞっとします。

これは環境に限った事ではなく、食生活や習慣等も大きく影響を及ぼします。
口呼吸も免疫力を大きく低下させることがわかっています。
これらについてはまた次回にでも。

今の世の中便利になってきています。その環境で育った人はそれが当たり前になって、本来の自然の姿がわからなくなっています。
人間本来の正しい生活習慣を身につけ、未来ある子供達にそれを伝えて行かなくてはなりません。
あなたは症状で苦しみたいですか?
子供達が苦しむのを望んでますか?

・・・気管系を強くするには乾布摩擦が効果的!・・・

気管に関係する経絡(気の流れる道筋)は手の親指側(自然に手を下ろした時、前側)にあります。
そこを乾いたタオルなどで軽くこすることにより気の流れを良くして気管系を強くします。
毎日一度20回くらいこすりましょう。
(全身こすっても大丈夫なのですが少しづつ始め、慣れてきたら範囲を広くしていって下さい)
何か異常があればすぐに中止してくださいね。

Posted on 2009/05/19 Tue. 20:48 [edit]

category: 健康

TB: 0    CM: 2

19

コメント

 

先日(少し前ですが)花粉症の件で氷で冷やす方法を教えていただきましたら、嘘のように楽になりました(びっくり!)
つらい時はお薬にすがりたくなるのですが
お薬に頼ると改善にはつながらないことが分かりました
今では免疫力改善に努めていましたらいい感じです^^
これからも、いろいろ教えてくださいね
期待しています~^^v

URL | LoveAsian #- | 2009/05/20 20:27 | edit

LoveAsianさんへ 

コメントありがとう!
花粉症は冷却と甘い物を控えるのでかなり改善されますね。
○○炎・・・炎症だから冷却、これ基本です。
薬は対処法ですのでやはり根本から改善しないといけません。
改善は生活習慣を見直すことが大事ですね、僕も頑張らなきゃ(笑)
次は「大人達の不快な症状」でもしましょうかね(^^)

URL | 院長 #xsUmrm7U | 2009/05/21 09:14 | edit

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://officehiro.blog8.fc2.com/tb.php/106-0f030549
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list