05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

院長の独り言

まあ気軽に読んでって。

大人達の不快な症状 頭痛編 

大人達の不快な症状 頭痛編

「う?痛い・・・」
思考力から行動力、はたまた食欲までも奪ってしまう「頭痛」。
全ての機能が止まってしまう感じがしますね。
頭に近い痛みほど我慢できにくいようです。
頭痛で仕事を休んだり約束を変更してもらったり色んな不都合が発生します。
でも、家事をされている主婦の方はそうはいきませんね、頭痛薬のお世話になっている方も多いとおもいます。
なかにはたまらず寝込んでしまう方もいらっしゃるのではないでしょうか。

でもどこから頭痛ってやってくるんでしょうか?
「私は肩こりがひどくなってきたら頭痛になる」
とか「歯が浮いてきてそれから頭痛に・・・」
「天気の悪くなる前、低気圧がきたら頭痛になる」
「昨晩飲み過ぎた・・・」
など色んな条件があるようです。
頭痛には色んな原因があります。
怖いのは脳の異常です。
脳の血管が切れてしまうと脳出血、脳のくも膜下の血管にこぶができそれが破裂するとくも膜下出血、動脈硬化などで血管が詰まると脳梗塞や脳血栓になります。
これらも頭痛を引き起こすことがあります。

ではこれ以外の原因と言えば何があるのでしょうか。
基本的に脳の疾患、眼からくる頭痛以外は直接的には頚椎(首の骨)のズレから起こります。
頚椎(首の骨)は7つあって、上から1番、2番、3番・・・7番まであります。
頭部は上の3つ頚椎が関連していて、頭頂部から眉までは1番、眉から鼻の下までは2番、それ以下は3番です。
頭痛は上2つの頚椎が主に関連しています。
1番の頚椎が主に関連すると頭頂部に、2番の頚椎が関連すると側頭部や眼の奥、こめかみの頭痛などとして感じられます。
これらの頚椎がずれてその人の限界を超えるとつらいつらい痛みとして発します。

ではなぜ頚椎がズレるのでしょうか。
我々人間は直立二足歩行する動物です。
その構造は、骨盤を基礎として背骨はその上に垂直に乗っていて頭はその背骨の上に乗っています。
前後から見たときはまっすぐに、横から見たときは緩やかなS字カーブを描いています。
ところがある原因で骨盤・背骨が歪むと、その歪みを脳に伝えないようにするために頚椎はスレてその歪みを消去しようとします。
ここに頭痛の一つの原因ができあがるのです。

でも、ある原因て何?
そう、これが大事です。
「身体は内臓にストレスがかかると姿勢変化が起きる」ということは前回の「大人達の不快な症状 肩こり編」でおわかりだと思います。
前回の肩こりは甘い物の摂りすぎによる胃発生の肩こりのパターンでした。
胃は腹直筋に関連していて猫背になり頭を支える筋肉が緊張する、それが肩こりのメカニズムでした。
その時に緊張している筋肉が頚椎の1・2番を引っ張ったら・・・。
頚椎がズレてその人の限界を越えると・・・
そう、「頭痛」になるのです。
甘い物の摂りすぎによる胃発生の頭痛の場合、後頭部か前頭部の頭痛が多いようです。
身体が前後に歪んでいる、つまり前後に問題が起きやすいということです。
ちなみに偏頭痛は偏った頭痛ですから左右のバランスが崩れている事が多く、この場合内臓では「肝」が関連します。
脂物や肉類をたくさん摂ったり、アルコールを飲み過ぎたとき・イライラするストレスが積み重なったときに多いようです。

眼の奥が痛い頭痛は主に眼の使いすぎによることが多いようです。
頚椎のズレが最小限の時は免疫力や回復力が高いのですが、頚椎がズレると免疫力や回復力が低下します。
「私は眼が疲れやすく眼の奥が頭痛になりやすいな・・・」と思うときは頚椎のズレの可能性もあります。もちろん脳や眼の原因の時もありますので検査をしっかりとして下さい、それでも症状が治まらないときは頚椎のズレのチェックが必要だと思います。

臨床上、頭痛でこられる方はほとんどの人が1?2回の施術で改善されていますが、原因を治さないとまた再発します。
それには正しい食生活と姿勢です。
食事の偏りや姿勢の偏りは身体の偏り、偏りは症状を生みます。
甘い物を控えて自然塩を摂り、よく歩いて冷却をしましょう。

頭痛の時の対処法

まずは氷で頚椎1・2番の冷却です。
製氷皿1皿くらいの氷を水で濡らしてビニール袋に入れ、口をくくります。ビニール袋を二重にすると漏れにくいですよ。

アイスバッグ

それをタオルかハンカチなどでくるんで首の後に当てます。
タオルなどにくるんで頭の前で止めておくと両手が使えますよ。
そのまま、氷が溶けるまで30?40分くらい熱を抜いてください。

*アイスバッグがあると便利です。ただいまオフィスで販売中です。
下の画像はアイスバッグです。

アイスバッグ2


眼の冷却
同じく氷をビニール袋に入れますが、先ほどよりは量は少なくていいです。
仰向けに寝て目の上にタオルかハンカチなどを置きます。
その上から氷を置きます。
20?30分程度熱を抜きます。

Posted on 2009/06/22 Mon. 18:02 [edit]

category: 健康

TB: 0    CM: 0

22

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://officehiro.blog8.fc2.com/tb.php/109-287bf216
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list