07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

院長の独り言

まあ気軽に読んでって。

低気圧で不調 

台風が通過中です。

IMG_0641.jpg

梅雨辺りから湿気と低気圧で不調の方が来院されています。

「寝つきが悪い」 「何となくだるい」

「しんどい」

「薬を飲んでも頭痛が止まらない」



など・・・

お話しを聞いているとたくさんの症状で悩んでいらっしゃいます。

かつて僕も同じ様な状態でした。

対策をしてきたので最近はそういった事がまずありません(^^)

ではなぜそのような不調が起こるのでしょうか?)

低気圧はカラダを膨張させます。

歪んだ部分があると引っ張られ、それに関連する所の不調が出ます。

多く来院されるのは、交通事故(転倒などの事故も含む)を経験された方、甘いおやつやコーヒーをよく摂る方。

交通事故などでカラダに外傷、力がかかると細胞のダメージだけでなく骨格のズレも生じる事があります。

カラダの傷だけであれば自然治癒力が働いて徐々に治癒していきます。

骨格のズレが生じた場合、大きい場合はその場で症状が出ますが小さい場合、本人が気がつかない程度に残る時があります。

それはやがて日常の歪みと積み重なって症状を発します。

特に背骨に衝撃が入った場合、自律神経のバランスが崩れやすくなり様々な症状が出る事があります。

その場合、薬や湿布体操などしても効果が少ない場合があり早めのカラダ(背骨)調整が必要です。

交通事故や衝撃で脳脊髄液減少症の症状が発症する事もあり、早めに対策をしておく事が元気で生活していく秘訣です。


甘いおやつやコーヒーを好む人がなぜ低気圧でしんどくなるのでしょうか?

甘いといっても特に砂糖や合成甘味料などの甘味です。

これらやコーヒーは胃に負担をかけ東洋医学の「脾」の機能を低下させます。

脾の働きとして、消化吸収、靭帯や軟部組織に関連、湿を作る、意・智(ココロの働きです)に関連します。

ここでは靭帯を取り上げます。


甘いものを多く摂り脾が機能低下を起こすと靭帯が伸びにくくなります。

靭帯って骨と骨をつなぎ止めている組織です。

捻挫は靭帯の損傷です。

低気圧はカラダを膨張させます、背骨にズレや異常があれば靭帯は伸びにくくなっているので引っ張られる力が集中しためストレスがかかり、それに関連するところに不快な症状を発するのです。

特に首は全身に影響するので、しんどい・だるい・頭痛などきつい症状になりやすいです。


対策は、

甘いおやつ・コーヒーを控える

患部の氷での冷却(クーラー下での冷却は下半身をしっかりと保温してくださいね)

除湿

できればカラダをゆっくりと動かし、しっかりと休みメリハリをつける


生活習慣のクセからカラダは歪みます!

ヒロカイロプラクティックオフィスで一度チェックしてみてはいかがでしょうか?


脳脊髄液減少症の方はこの季節辛いですよね。

しっかりと対策をしていけば少しずつでも回復していきます。

あきらめずに進めていきましょう。


ヒロカイロプラクティックオフィスでは、ココロと身体のバランスケアであなたを応援します!

「薬を飲んでも湿布を貼っても効果なし」

「どこへ行っても良くならない」

などのお悩みの方。ヒロカイロプラクティックオフィスの施術を受けてみませんか?

オリジナルの施術とアドバイスであなたの「楽しい」を応援します。


ご相談・ご予約は0799-24-5152まで、お待ちしています(^^)
※時間外はご相談させていただきます。

ロゴ

Posted on 2017/08/07 Mon. 11:24 [edit]

category: 健康

TB: 0    CM: 0

07

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://officehiro.blog8.fc2.com/tb.php/256-1462f502
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list